So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)

 テレビ朝日は29日、2010年3月期の通期業績見通しを上方修正し、最終利益を従来予想の34億円から43億円に引き上げた。売上高も2262億円から2276億円に引き上げた。景気の回復で広告のスポット収入が、見込みを上回る水準で推移しているため。

 同時に発表した09年4〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比8.3%減の1729億円、最終利益が2.1倍の44億円の減収増益だった。番組制作費の削減などが利益を押し上げた。

【関連記事】
不況だからこそ!「値切り」のコツは“ズレ買い”“またぎ”
サムスン、増収増益 09年10〜12月期、薄型テレビ、携帯が好調
王将、日高屋に死角なし!? 中華大戦争で相乗効果
でき婚、薬物、経費削減…2009年の芸能・メディア界
魅力的な未来図描けるか ポリシー・プランニング

加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針−秋葉原無差別殺傷(時事通信)
大阪府市の水道事業、統合構想“ご破算” 臨時首長会議で反対決議(産経新聞)
継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)
公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害−東京地裁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。