So-net無料ブログ作成
検索選択

<野口宇宙飛行士>ソユーズ午後帰還へ ISS長期滞在から(毎日新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に5カ月余り滞在した野口聡一さん(45)ら日米露の宇宙飛行士3人は日本時間2日朝、地球帰還に向けてロシアのソユーズ宇宙船に乗り込み、午前9時4分ごろ、ISSを離れた。大気圏突入の直前、3人が乗った帰還モジュールが本体から切り離され、午後0時24分、カザフスタン中央部の草原に着陸する。

 3人は同日早朝、ISSに残る飛行士3人とお別れ式に臨み、午前6時前、ソユーズとISSをつなぐハッチが閉じられた。帰還中、野口さんはオレッグ・コトフ船長(44)の補佐役を務める。

 野口さんは昨年12月21日、ソユーズでカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。ソユーズでISSを往復する日本人は野口さんが初めて。今回の宇宙滞在は163日、05年の米スペースシャトルでの飛行と合わせると通算177日となり、若田光一飛行士(46)を抜いて日本人最長となった。

 ISSでは日本実験棟「きぼう」の維持管理や科学実験などを担当。4月にはシャトルでISSを訪れた山崎直子飛行士(39)と合流し、初の日本人宇宙同時滞在が実現した。

 今後は古川聡飛行士(46)が11年春、星出彰彦飛行士(41)が12年初夏からそれぞれ約半年間、ISSに長期滞在する。年内にシャトルが引退するため、今後ISSを訪れる日本人飛行士はソユーズを利用する。【西川拓】

【関連ニュース
野口聡一さん:「宇宙授業」ISSから
野口聡一飛行士:ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼
山崎直子宇宙飛行士:物資搬入を再開 野口飛行士と作業
ISS:山崎さんと野口さん初の共同作業

考えただけでも涎が…仙台放送・原英里奈アナウンサー(産経新聞)
トライアスロン 人生半ばからの挑戦(産経新聞)
<クロマグロ>初水揚げ 「まずまずのスタート」(毎日新聞)
悪質業者取り締まり徹底を=児童ポルノ対策で全国会議―警察庁(時事通信)
子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。