So-net無料ブログ作成

前田日明氏「大仁田になれ」にムッ(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で比例代表の新人候補として擁立する元プロレスラー・前田日明氏(50)が19日、月刊誌「サイゾー 3月号」(2月18日発売)の企画で、民主党の藤末健三参院議員(45)と対談した。

 「格闘王」の異名を持つ前田氏と、ボクシングのプロライセンスを持つ藤末議員との“武闘派”同士が熱く語った。

 以前から親交がある藤末議員が、選挙活動について「メディアに露出するのはタダ。大仁田さんのように、有名な人はどんどん出るべき」とアドバイス。01年の参院選でマスコミでの多様なパフォーマンスで当選した、プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(52)にならった選挙活動を勧めた。前田氏と大仁田氏はかつてともにプロレス界で活躍した同世代の人間だが、前田氏は大仁田氏に好印象を持っていない様子。思わず顔をしかめながらも「選挙費用を安くするため、できるだけ多くメディアに出ていきたい」と前向きに話した。

 前田氏は、半年後に迫る参院選へ「官僚政治の脱却」を強調。公共事業費に多大な資金が投入されている現状に「特別会計で、じゃぶじゃぶ税金が使われてる。政治の世界は、日本に残された、一番最悪なヤクザの世界だ」と、自民党政権時代から続く官僚政治を大批判。また、政界の情報管理を重要視し「日本CIAを作る」など、早くも前田流マニフェストを掲げた。

 政治資金問題に揺れる、民主党の小沢幹事長については「誰に聞いても『あれが問題になるんなら、問題にならない議員はいない』と話す。マスコミは毎日のように報じて、世論誘導している」と語気を強めた。

 【関連記事】
鳩山内閣不支持上回る…通常国会開会もついに「44.1%」
石川容疑者の弁護士、取り調べの全面可視化を要望
橋下知事が来年4月統一地方選へ“橋下グループ”公募
橋下知事“大阪統一グループ”公募へ

<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
石川議員を再聴取、供述矛盾点ただす?(読売新聞)
「若者を惹きつける新聞」テーマに 桃山学院大で実践講座(産経新聞)
衆院予算委、「政治とカネ」で首相が謝罪(読売新聞)
「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。